コーヒーを飲むべき理由

コーヒーを飲む理由

世界中の多くの人が朝からコーヒーを飲み始めています。この毎日の儀式は、彼らが一日が終わる前に彼らが成し遂げなければならない仕事と用事での長い厳しい時間を乗り越えるのを助けます。しかし、多くの人が知らないのは、コーヒーを飲むことで得られる健康上の利点があるということです。 

ふくろうカフェで一杯飲んで、一日中元気に!メニューにはさまざまなオプションがあります。私たちの飲み物は、アラビカ、ロブスタ、リベリカ、エクセルサなどのさまざまなコーヒー豆を特徴としています。 

コーヒー豆を飲むことには、次のような利点があることが示されています。 

  1. 集中力を高めるのに役立ちます

コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインは、その日の心に活力を与えることができる既知の天然刺激剤です。覚醒剤は血流に吸収されるとすぐに脳を目覚めさせるので、適度にコーヒーを飲むと、毎日集中力を高めるのに役立ちます。

あなたはあなたのエネルギーレベルが増加する一杯のコーヒーを飲んだ後、あなたが感じているかもしれないどんな疲れとも戦うことに気づき始めるでしょう。 

  1. 抗酸化物質の優れた供給源

普通の人の食事の最も健康的な部分の1つは、朝に飲むコーヒーです。これは、マイクロレベルで体の健康を維持するのに役立つ抗酸化物質が含まれているためです。 

研究によると、未処理の豆には、焙煎プロセス中に活性化および開発される何千もの抗酸化物質が含まれている可能性があります。 

  1. 肝臓の保護

研究によると、定期的にコーヒーを飲む人は、肝臓病にかかるリスクが低いことが知られています。一杯のコーヒーには、身体機能に脅威を与える可能性のある臓器の肝酵素を低下させるのに役立つ栄養素が含まれています。肝臓の酵素が減少するため、人の肝臓は炎症や損傷を避けることができます。 

  1. 脳に損傷を与える病気のリスクを減らすのに役立ちますリスクが低い

いくつかの研究は、コーヒーを飲む人のアルツハイマー病、認知症、パーキンソン病のことを示しています。これらの神経変性疾患は世界中の多くの人々に影響を及ぼし、家族に悲痛をもたらしています。

これらは人が年をとるときに発生する遺伝病です。ただし、通常のコーヒーを飲む人にとっては、これらの病気にかかるリスクは低くなります。

研究によると、定期的にコーヒーを飲むと、アルツハイマー病や認知症を発症するリスクが最大65%減少します。通常のコーヒーを飲む人も32%から60%の間です。コーヒーはこれらの変性疾患の予防策であり、治療法ではないことを理解することは依然として重要です。 

  1. うつ病と戦ううつ病

は文字通りそして比喩的に沈黙の殺人者の1人です。深刻な不安や自殺などの大きな問題を引き起こすだけでなく、人の生活の質を低下させる可能性もあります。 

研究によると、コーヒーを大量に飲む人は、臨床的うつ病を発症するリスクが低いことが示されています。専門家によると、一杯のコーヒーは脳内のセロトニン数を増加させます。これは、特に気分が落ち込んでいるときに、幸せで高揚した気分になるのに役立ちます。 

しかし、コーヒーはうつ病の治療法ではありません。それは悪い日にはそれと戦うのに役立ちますが、うつ病の人は専門家の助けを求める方が常に良いです。治療はこれを管理するのに大いに役立ちます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です